3人の男性

保護法に守られる

男女の作業員

人間に多くの被害をもたらす鳩は、早めにトラブルを解決させなくてはいけません。誰でも鳩を駆除し捕らえることができるならそうしていますが、鳥獣保護法によって守られているのでむやみやたらに傷つけることができません。例え、自宅の敷地内に鳩に棲み着かれても、巣や卵、鳩そのものを勝手に移動させることもできないのです。だからといって、そのまま放置していても何の解決にもならないので駆除を専門とする駆除業者を雇いましょう。

ホームセンター等にも鳩を寄せ付けない為のアイテムが多く販売されており、その中でも鳩が苦手とする忌避剤は人気を集めているものです。鳩が羽を休める為の止まり場となるベランダの手すりに忌避剤を塗布する方法もありますが、必要を無くしたときに綺麗に取り除けないという問題が生じやすいです。駆除対策をしく際には、自宅の建物に生じるトラブルをあらかじめ考えておくといいでしょう。駆除業者も、駆除対策の中で忌避剤を用いることがありますが、塗布後綺麗に取り除き、鳩問題が始めからなかったかのようにしてくれるでしょう。

また、駆除業者は地域の自治体から鳩駆除、及び回収の許可を得て駆除作業を担っている為、棲み着いた鳩をしっかり敷地内から追い出すことが可能です。鳩対策となる網の設置や巣ごと回収できるので、連日続く糞害や鳴き声による被害を一掃させることができるでしょう。駆除業者の中には、鳩の駆除や回収の他に、糞の処理から消毒を徹底して行なうところもあります。依頼者は、質の高い改善効果を得られると言えるでしょう。