男性と女性

危険な健康被害

住宅

鳩は駆除しないと、何度でも棲み着いた場所へ帰ってきます。鳩の駆除は専門業者の手に掛からないと困難なものとなるでしょう。そのまま放置していると、住人の体に健康被害が及ぶ可能性もあるのです。

詳細を読む

保護法に守られる

男女の作業員

鳩は鳥獣保護法によって守られているので、特別な許可を得ている者のみが駆除し回収することができるのです。自己判断でむやみに鳩の駆除を行なうと危険なことになるので辞めましょう。

詳細を読む

駆除業者の利用

男性

駆除業者を利用する際には、事前に見積もりを行なってもらうといいでしょう。被害や敷地の規模によって駆除に掛かる費用が決まります。あらかじめ現地調査が行なわれるので、複数の業者の見積もり価格を比較することができるでしょう。

詳細を読む

好まれる場所

ハト

私達の生活の中には、さまざまな種類の野生動物がいるものです。代表的なものには、野良犬や野鳩、野良猫が挙げられるでしょう。それぞれがもたらす被害は異なるものです。野良犬や野良猫は人に警戒心を持っている場合、引っかき傷や噛み傷を負わせる可能性があるでしょう。野鳩の場合、直接人間に攻撃することはありませんが、身近な場所を住処や休憩所にされることで受ける被害が厄介なものです。鳩も自分の縄張りを主張する動物なので、お気に入りの場所には、毎日糞を残していくでしょう。一生涯のパートナーとなる夫婦が、安心して子育てができる場所で巣作りする際には、危険が伴わない場所が選ばれやすいものです。一般の駐車場や工場、住宅、橋架などがその対象となるでしょう。鳩の卵を餌とする天敵の手に及ばないことが、巣作り場所の決め手になります。

人の出入りがないことで、さらに安心して棲み着くことができる為、使用されていない建物の屋上も鳩からすると大人気物件となるでしょう。気づけば屋上が鳩の糞、巣だらけという状況も珍しくないものです。鳩の駆除を試みる際に味方となる駆除業者は、どんなパターンでもしっかり問題を解決できるよう実績を積み上げています。依頼する際には、これまでにどのような場所でどれほどの被害規模の鳩問題を解決できたのか、過去の解決事例によって知ることができるので比較してみるのも業者選びのコツになります。大型デパートなどの商業施設や医療機関の場合、鳩の被害を受けていると集客効果にも影響するので早めの依頼が必須となります。